梨状筋症候群

こんな症状で
お悩みではありませんか?

  • お尻から足に痺れ、痛みがある
  • 長時間の座りで痛い
  • 中腰姿勢でお尻が痛い
  • スポーツ活動中にお尻が痛い
  • 足を上げると痛みがある

このような症状でお悩みではありませんか?

もう大丈夫です!

当院では上記の様な症状の方が改善された例が数多くあります。

お尻から足への痛みでお困りの方は是非一度当院にご相談ください。

梨状筋症候群とは

腰から太ももの後面に伸びる坐骨神経は、お尻の深部にある「梨状筋」という筋肉の下を通ります。

この梨状筋が何らかの原因で硬くなると、坐骨神経を圧迫しお尻から太もも、足にまで痛み、痺れの症状がでることがあります。

梨状筋症候群の原因

梨状筋が硬くなる原因として、

野球やゴルフといった股関節の運動(捻りなど)が多いスポーツをよくする。

中腰での作業が多い。

仕事などで座っている時間が長い。

などが挙げられます。

また股関節の変形などの形態異常や人工関節の使用が梨状筋症候群を引き起こす原因となることもあります。

▲ページの一番上に戻る