治療方針

当院の治療方針

大きな森の治療&ケアコンセプト

「ストレックス療法」になります。

ストレックス療法とは

「ストレッチ・トレーニング・ツボ押し」を融合した多元的療法になり当院での基本的な治療になります。 

  • ツボ押し

    ツボ押し

  • +
  • トレーニング

    トレーニング

  • +
  • ストレッチ

    ストレッチ

インナーマッスル・アウターマッスルを治療&トレーニングすることで、ケガになりにくい身体作りをめざし、2つの筋肉を治療&トレーニングして筋肉をバランスの良い状態にし、正しい姿勢を保ちます。

また、ツボを刺激していくことにより、筋肉や内臓の反応点を刺激し身体の恒常性をたかめ自然治癒力を増していきます。
ストレックス療法の中には冷えを取ることも重要ししています。冷えと聞くと「冷え性」などの女性に多く見られる疾患を想像すると思いますが、筋肉のこわばりによる血行不良も大きな要因の1つです。
血行不良により筋肉は硬くなりますます悪循環になってきます。

ストレックス療法は、当院の基本的治療スタイルとして、すべての患者様に受けて頂きます。重篤でない、腰痛症・肩の痛み・膝の痛みなどは効果が得られるでしょう!

APT療法とは

頸椎の調整法の1つです。頸椎の歪みを改善していく治療方法になり首や肩からくる痛みなどには、頸椎のズレが原因である症状もあります。
頚腕症候群などは腕にかけてシビレが発生する場合があります。筋肉的な問題の他に頸椎の歪みなども原因の1つです。そんな頚腕症候群などに対してAPT療法は効果が得られるでしょう!

SOT療法とは

SOT療法とは

骨盤の調整法の1つです。骨盤は体幹の要として大変重要な骨になり内臓全体を支える骨になります。
骨盤には、腰椎や仙骨なども関係しており骨盤・仙腸関節などを正しい位置に戻すことにより、腰痛症・座骨神経痛などの改善に期待がえられます。

冷あん法とは(アイシング)

血液やリンパ液の循環の抑制を目的として組織代謝の低下・炎症の抑制など働きかけ局所の疼痛を和らげることができます。急性期の腰痛・捻挫・肩の瞼板炎など熱感ある症状などに効果的です。

温あん法とは(ホットパック)

局所の筋肉の緊張・拘縮を和らげたり、血管拡張を促し血液・リンパ液の循環促進を行ない、細胞の新陳代謝を促進します。急性期以後の、筋肉の緊張・拘縮(腰痛症・肩の痛み・膝の痛み)などの症状に効果的です。

低周波治療とは

低周波治療とは

局所の筋肉の緊張・拘縮を和らげたり、血管拡張を促し血液・リンパ液の循環促進を行ない、細胞の新陳代謝を促進します。急性期以後の、筋肉の緊張・拘縮(腰痛症・肩の痛み・膝の痛み)などの症状に効果的です。

直流波治療

直流波治療

波形の少ない直流電流を通電することで、痛みをブロックしたり、筋肉の緊張を緩和したりできます。むち打ち症・急性症状など、筋肉の過緊張が強度に見られる場合などに効果を発揮します。

干渉波治療とは

2種類の中周波電流を4つの吸盤を使い同時に流すことで、電流を増幅・干渉させることにより、低周波より、より深部に対して筋肉の緊張を緩和してきます。膝関節や肩関節の痛みなど、関節の深部の痛みなどに対して効果的です。

微弱電流とは

低周波治療とは

損傷を受けた組織に流れるごくわずかな生体電流(損傷電流)と同じような微弱な電流を加えることで、生体内の恒常性を高め、治療の回復を速やかにする療法です。1000Hz以下の微弱電流を流すことで、ATP濃度を3~5倍増加させ、損傷部位を修復しやすくするほか、神経を落ち着かせたり、血流やリンパの流れをよくして新陳代謝を活性化する効果があります。

痛みの症状を細胞レベルから治すことで早期の回復が期待できます。むち打ち症状からの頭痛・頸腕部の筋肉の過緊張からくる症状などに効果的です。

超音波治療とは

1秒間に100万回(1MHz)/300万回(3MHz)の振動を連続的に身体に当てて熱を発生させ、その温熱効果で治療を行う「連続モード」と、振動を断続的に起こすことで熱の発生を最小限に抑え、振動の力を利用して治療を行う「パルスモード」があります。超音波は、急性期の疾患から慢性期の疾患まで様々な症状に効果的です。

足の空気圧マッサージ

空気圧によって、足全体を包み込み、血流の改善・筋肉の緊張緩和を行ないます。血流効果が良くなることで、足の浮腫なども改善します。

ローラーマッサージ

ベットに仰向けに寝て頂きます。ベットの下を大きなローラーが足先から頭部までゆっくり転がっていきます。このローラーの転がりが脊柱両側の筋肉をほぐし、椎間関節の柔軟性を増す動きを起します。

鍼灸院の治療

鍼灸治療とは

鍼灸治療保険適応・保険申請の方法

健康保険制度が適用される疾患・症状かどうかをご確認ください。

鍼灸治療の場合

鍼灸治療の効果は多様で、体調改善に幅広く活用できる療法ですが、現在保険請求が認められているのは、残念ながら慢性的な疼痛に対する治療にのみ限定され、受診できるのは以下の6疾患とされています。

  1. 神経痛
  2. リウマチ
  3. 頸腕症候群
  4. 五十肩
  5. 腰痛
  6. 頚椎捻挫後遺症(むち打ち症)
  7. その他(原因不明の慢性的な痛みの治療)

医師の同意書をもらってください。

かかりつけ医が同意書を書いていただける場合は、下記から同意書をダウンロードして下さい。

次に、医師の診断を受けてください。上記の疾患・症状の治療中であり、医師が鍼灸に同意することを証明する「同意書」を発行してもらってください。 東洋医療への理解が広まりつつある昨今、鍼灸治療の効果について理解する医師が増えています。しかしながら、何らかの理由で「同意書」を書いてくれないなどの問題が発生した場合には、医師の理解を得るために協力いたしますのでご連絡ください。

「同意書」取得後、おおむね3ヶ月間受診することができます。

受診

受診

取得した「同意書」を鍼灸・マッサージ治療院に提出すると、健康保険で受診することができます。以下に健康保険でまかなえる範囲の料金例を挙げますが、受診する際の総費用は健康保険以外の料金が加算される場合がありますので、それぞれの鍼灸・マッサージ治療院にご確認ください。また、歩行が困難な場合は往診を依頼することもできます。往診の費用も健康保険から支払われますが、金額はその距離に応じて規定されていますので、合わせてご確認ください。

健康保険による鍼灸・マッサージ治療を扱わない治療院もありますので、困った場合はご相談ください。

治療の流れ

事故に遭われたら、整骨院までお気軽にお電話でお問い合わせ下さい。

保険会社への対応、警察での事故手続きなど、適切なアドバイスを致します。

患者様の症状をお伺いながら、痛みの原因を探して治療法を決めます。不安なことやご質問がありましたらお気軽にお尋ね下さい。

患者様の症状に合わせた手技、物療を用います。鎮痛、消炎、筋弛緩や関節拘縮の緩和、血行の促進などが主な目的となります。

治療後、生活上の注意、後の治療の流れなどについてアドバイス致します。

症状の早期回復と後遺症防止のため、スタッフ一同、誠心誠意施術致します。

治療時間

治療時間は概ね30分ですが、なかなか通いたいけど休み時間が短くて通えないなどもあるかと思います。そんな場合はスタッフまで、治療時間のご相談をしてください。

医療機関との連携も充実

整形外科のご紹介もできます。(※提携の整形外科の場合は紹介状作成無料、事前予約もOK)当院には提携の整形外科もあり、定期的な整形外科の受診も受けることができます。
普段は、夜遅くまで診てくれる整骨院に通い、月に数回は整形外科にてレントゲンやMRIでの検査も可能です。

最近では保険会社さんもお勧めする通院方法です。
セカンドオピニオンではありませんが、普段は整骨院で筋肉や関節を柔らかくすることや、骨の歪みを治して貰い、整形外科では医学的にレントゲンや、MRIを利用して現在の状況や症状最適な治療をしてもらい診てもらうことが当院では可能です。

使いやすさ重視の整骨院

宇美町院

城野駅院

交通事故保険などが解りやすく説明しているパンフレットも無料進呈中!

エキテン ランキング

お知らせ

当院が診てきた疾患

Twitter

エキテン投稿

エキテンクチコミ