ツボのご紹介~第5回…三陰交(さんいんこう)~

第5回目は

「三陰交(さんいんこう)」

ツボの意味ですが…

足の太陰脾経、足の厥陰肝経、足の少陰腎経の三陰経が交わるという意味です。

 

このツボは何に効くの?( ..)φメモメモ

冷え性、生理痛、婦人科系疾患、更年期障害、不妊症、月経不順、下肢神経痛、排尿痛、下痢、消化不良に効果的と言われています。

また、スポーツ傷害で多いシンスプリントの治療に使われるツボです。

 

ツボの場所です↓

三陰交①

三陰交②

内くるぶしから指4本上で、骨のキワのところが目安です。

 

実践してみましょう!

ご自身で三陰交のツボを膝のほうに向けて1、2分押してみましょう!(心地の良い刺激で)

お灸も効果的です!(セルフで簡単にできるお灸は、大きな森の鍼灸院でも販売しております。)

上記の症状の緩和が期待できます!

 

詳しくは、大きな森の鍼灸院までお問い合わせください!


カテゴリー: お知らせ, 鍼灸院

コメントを残す

エキテン ランキング

お知らせ

当院が診てきた疾患

Twitter

エキテン投稿

エキテンクチコミ